TOP

リスト区切り

パラオ共和国の神社


パラオ共和国の神社について

[パラオ共和国の神社について]

パラオ南洋神社(旧官幣大社)

パラオ共和国の神社画像1

昭和15年パラオ諸島コロール島アルミズ高地に天照大神を奉祀する官幣大社南洋神社が創建された。
パラオ共和国の神社画像2パラオ共和国の神社画像3パラオ共和国の神社画像4


ペリリュー島神社

パラオ共和国の神社画像5

現在のペリリュー島神社
昭和五十七年五月には「青年神職南洋群島慰霊巡拝団」(清流社会長・滑川裕二氏主催)二十名が、船坂弘氏の助力を得てペリリュー神社を創建しました。 全て、日本から運搬した材料を使い、島民の多大の協力を得て十日間を費して完成しました。御祭神は天照大神と戦死者一万余名の「護国の英霊」です。


>>旧ペリリュー島神社
パラオ共和国の神社画像6パラオ共和国の神社画像7


アンガウル島神社

パラオ共和国の神社画像8

12平方キロの小島でアンガウル島。日本の守備隊は2千人に満たず米軍は2万1千人という大軍で、その戦いはぺリリュ―の戦いを日米両軍の死闘とするなら、アンガウルは日本軍にとって地獄の戦いであった。
パラオ共和国の神社画像9パラオ共和国の神社画像10



コロール島からペリリュー島まで・・・

パラオ共和国の神社画像11

ぺリリュー島まで直線距離で約45km、1時間・・・ どこまでも続く水平線と緑鮮やかな島々・・・
この海は、かつてぺリリュー島に孤立し、通信機能も途絶した日本軍が、この海を泳いで3日半かけてコロール島まで報告書を運んだ事実がある。 この先のアンガウル島からは、更に11日間かけ、泳いで伝令を送らざるを得なかった。


▲ページ上部へ